Home > Workshop > 暗室用品レポート−スクイージー


皆さんはどんなスクイージーを使っていますか?
僕はやはり教科書通りに、いわゆるラバースクイージーとガラス板で印画紙の水を切っていました、ところが何回もスクイーズしないと上手く水が切れないし、ゴムの部分に付いたゴミなどで印画紙にキズを付けるし、ガラスは割ってしまうし、で散々でした。
それで、他に何か好い方法はないか考えていた時にたまたま見た水泳の飛び込みのテレビ中継の中にヒントがありました、選手がプールからあがってきたときに体をふく小さなタオルみたいたものなんです。
友人の話だと、とても吸水性の良いスポンジの様なものらしいのですが水泳用は結構値段がたかい、そこで同じ様なものでと考えて、洗車用の人工セーム革を思いつき早速オートバックスへ、僕の近所のお店には3種類程あったのでとりあえず全部買ってテストしてみましたら、なんとこれがすばらしいのです。
今では、大きい方を台の上に広げ小さい方で印画紙を拭くという方法で完ぺきじゃないかと、独り悦に入っている僕なのです。
僕のテストの結果ではアイオン株式会社製のプラスセーヌというのが一番使い良いです、もっと言ってしまえばこれが最上で唯一です、皆さんもだまされたと思って使ってみてください。
ただし、このプラスセーヌ残留薬品等が付いていると汚染源となりますので良く水洗いをすることを忘れないようにしましょう。